2010年05月13日

クイズで学ぶ男女共同参画 松戸で検定問題集を無料配布(産経新聞)

 クイズに答えて男女共同参画を学ぶ「子育てパートナーシップ検定問題集」が、千葉県松戸市女性センターから発行された。

 「共働き世帯の男性の家事時間」(答え1日30分間)「毎日おむつ替えをするパパの割合」(同84・8%)などパートナーシップと子育てに関する問題と、「市の人口」(同約48万人)など地域の基礎知識を問う4択問題計100問で、70点以上なら「合格」という。

 無料配布中で、市民以外も入手可能。11月には「検定大会」を予定している。問い合わせは(電)047・364・8778。

【関連記事】
「男女平等度」1位鳥取、最下位は埼玉!? 東北大教授が算出
男女共同参画案 家族の絆を壊すつもりか
過激な性教育への歯止め削除 男女共同参画中間案、福島氏の意向色濃く
私生活も“カツマー” 努力主義…幸せ?
三井マリ子さん逆転勝訴 館長職の雇い止め訴訟

【日本の城景】「岡崎城」 神君出生、今は憩いの場(産経新聞)
死亡女性、DV被害を相談=元夫から聴取−静岡県警(時事通信)
どんたく見物の女児盗撮狙う、34歳男を逮捕(読売新聞)
<ニュース1週間>普天間移設、首相「県外」断念表明/石川遼、ツアー新の58で逆転V(毎日新聞)
<フジ>降り注ぐ紫 栃木・足利(毎日新聞)
posted by ヒメノ タダハル at 12:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。