2010年04月24日

勇ましい武者人形130体 世界の民俗人形博物館 長野県須坂市(産経新聞)

 端午(たんご)の節句に合わせ、世界の民俗人形博物館(長野県須坂市)では勇ましい武者人形130体が15段に飾り付けられている。

 展示は今年で3回目。家庭で不要になり全国から寄贈された人形を中心に飾っている。同館には800体近くの人形があり、現在では寄贈の申し出を断っているほどだという。

 同館では、最近の住宅事情から人形を飾れなくなる家庭が多くなる中、端午の節句の風習を味わってほしいとしている。

 子供と訪れた長野市篠ノ井の会社員、小松理子さん(36)は「(子供は)女の子なので武者人形とは縁がなかったけど、ひな人形とは違ったよさを見ることができてよかった」と喜んだ。

 6月29日まで。問い合わせは世界の民俗人形博物館(電)026・245・2340。

【関連記事】
【ふるさと便り】福井県・敦賀まつり最高潮 山車巡行
春の空に一足早く鯉のぼり
海の生き物あしらい…変わり種こいのぼり
所沢市の公園にこいのぼり350匹
世界一5613匹 館林市でこいのぼりの里まつり

りそな銀退職者、年金減額が確定 最高裁が上告不受理(産経新聞)
石塔 「韓国に返して」市民団体が要望(毎日新聞)
常磐線 特急と軽ワゴン車衝突、自営業者重傷 茨城・日立(毎日新聞)
ベテランバス運転手も間違う「要注意交差点」(読売新聞)
新高速料金「見直さない」=辞任は否定−前原国交相(時事通信)
posted by ヒメノ タダハル at 13:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。