2010年02月26日

<不正受注調整>大手3社を立ち入り検査 公取委(毎日新聞)

 トヨタ自動車やホンダ、日産自動車など日本の大手自動車メーカー向けに販売する自動車用の電線を巡り、不正な受注調整をしていた疑いが強まったとして、公正取引委員会は24日、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで矢崎総業(東京都港区)、住友電気工業(大阪市)、古河電気工業(東京都千代田区)の大手3社を立ち入り検査した。

 関係者によると、立ち入り先は本社や支社など二十数カ所にのぼる。対象商品は「ワイヤーハーネス」と呼ばれるもので、電子部品用に自動車内部に張り巡らされている電線の束。3社は遅くとも02〜03年以降、自動車メーカーがモデルチェンジのために実施するコンペで、見積価格の提示を求められる際、事前に受注予定者を決めていた疑い。シェア確保と価格の下落防止が目的だったとみられる。

 自動車用ワイヤーハーネスの年間の市場規模は4000億円を超え、3社で9割以上のシェアを占めているという。【苅田伸宏】

【関連ニュース】
公取委:電力用材料の受注調整でメーカー3社に課徴金
人事:公取委(28日)
9月22日号
独禁法違反:高圧電力ケーブル3社に排除命令 課徴金6億円−−公取委
人事:公正取引委員会

少女側が告訴取り下げ=元Jリーガー釈放−東京地検(時事通信)
殺人罪は不起訴=親子2人死亡、放火は起訴−沖縄(時事通信)
壱岐島沖で漁船転覆=乗組員2人死亡−長崎(時事通信)
日医会長選、原中氏選対本部が公開討論会を提案(医療介護CBニュース)
<オウム事件>新実被告の死刑確定(毎日新聞)
posted by ヒメノ タダハル at 17:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。