2010年02月22日

<日歯連>参院選比例で民主擁立の歯科医師支援を決定(毎日新聞)

 日本歯科医師会の政治団体「日本歯科医師連盟」(堤直文会長、日歯連)は19日、東京都内で臨時評議員会を開き、民主党が次期参院選比例代表の候補として歯科医師の擁立を予定しているのを受け支援する方針を決定した。日歯連は自民党の有力支持団体だったが、昨年10月に参院選で自民党公認候補を擁立する方針を撤回。民主党の石井一選対委員長が18日に「日歯連の会員の歯科医師を民主党公認候補者として擁立する」として支援を要請していた。

【関連ニュース】
民主党:参院選島根選挙区に元アナウンサー擁立へ
自民党:公募で「若返り」…参院選候補選び17県連実施
自民:「独自」に知恵絞る 参院選マニフェストの議論開始
みんなの党:福島県連代表が参院選出馬
自民党:栃木県連 参院選候補予備選で一部ネット投票導入

レンチで脅した商店強盗、菓子投げられ退散(読売新聞)
裁判員裁判で初の区分審理=複数事件一括避け−「負担を考慮」・大阪地裁(時事通信)
<松下政経塾出身>「自民から出馬」希望 民主「空き」減り(毎日新聞)
郵政改革の調整が難航=出資比率や郵貯限度額めぐり−政府・与党(時事通信)
普天間、5月までに結論=米上院太平洋小委員長に説明−岡田外相(時事通信)
posted by ヒメノ タダハル at 13:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。