2010年05月27日

「人工細菌」を作製=合成DNAで増殖―医薬品、燃料生産目的・米研究所(時事通信)

 細菌をほぼ人工合成することに初めて成功したと、米民間の「J・クレイグ・ベンター研究所」(メリーランド州)が21日、米科学誌サイエンス電子版に発表した。モデルに選んだ細菌のDNAをまねて化学合成し、入れ物代わりの別種の細菌に移植したところ、生きて活動し、増殖した。
 同研究所は、人間の全遺伝情報(ヒトゲノム)の解読に貢献したクレイグ・ベンター博士(63)が率いる。医薬品やワクチン、バイオ燃料の効率的な生産や水質浄化などに役立つ新細菌の開発が目的と説明するが、人類史上初めて、「生命の創造」に手が届く段階に達したと言え、議論を呼びそうだ。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
カエルのゲノム解読=水から陸へ進化解明に手掛かり
肝臓、膵臓、乳がんの変異公開=ゲノム解析で新治療法期待
超高圧水流でセルロース粉砕=バイオ燃料生産に新技術
フィリピンで最大級のバイオエタノール事業=伊藤忠と日揮

薬事法違反容疑で無職男逮捕=「RUSH」4000万円売り上げか―警視庁(時事通信)
名古屋場所、組幹部観戦に親方2人が便宜(読売新聞)
「農家の補償どうなる」殺処分、地元に戸惑い(読売新聞)
複製DVDを無許可販売で福井新聞記者を逮捕 福井県警(産経新聞)
<小沢幹事長>国民新に合併打診 亀井代表「断った」(毎日新聞)
posted by ヒメノ タダハル at 11:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

ダイヤ鑑定 「全宝協」が価値かさ上げ 業界団体が聴取へ(毎日新聞)

 ダイヤモンドの鑑定書を発行する大手宝石鑑定会社「全国宝石学協会(全宝協)」(東京都、高橋夏樹社長)が、業界団体の統一基準より意図的に「カラー」(色)を甘く鑑定し、価値をかさ上げしていた疑いのあることが複数の関係者の証言で分かった。かさ上げ鑑定は07年2月下旬から始まり、外部から指摘があった08年10月下旬まで続いた。この間に鑑定対象となったダイヤは約33万8000個。全宝協は「自社評価のずれを修正しただけ」と主張するが、全宝協も加盟し、統一基準を出している「宝石鑑別団体協議会」(同、土居芳子会長)は、基準を逸脱する行為の可能性もあるとして、近く全宝協から事情を聴く。

 鑑定業界関係者らによると、全宝協は07年2月24日、東京本社で開いた技術会議で、自社の鑑定担当者がカラー基準石との比較で出した評価より、1カラット以上の石は「半〜1ランク」、1カラット未満も「半ランク」鑑定結果を上方に操作することが示され、2日後の役員会議で正式決定された。これを受け東京本社と大阪、福岡両支所でかさ上げ鑑定が始まった。

 08年10月、都内の宝飾店が「全宝協福岡支所の鑑定はおかしい」と協議会に指摘。協議会が鑑定した結果、基準より甘い評価であることが判明した。

 ダイヤ鑑定は国内大手3社が7〜8割を占めるが、全宝協はその一つ。全国の大手百貨店などで小売りされる高級ダイヤには必ず鑑定書が付いており、主にダイヤの価値を決める判断に利用される。1カラットのダイヤの場合、カラーが1ランクかさ上げされると、小売価格で数万円〜十数万円高くなるという。かさ上げされたダイヤを買った消費者や、仕入れた百貨店などの小売業者は、従来の評価より高く購入したことになる。

 福岡支所の元社員は「輸入ダイヤが本来の価値より高く評価されるほど輸入会社は大きな利益を得る。会社は甘い鑑定を出すことで鑑定の受注増を図ったのではないか」と話す。【反田昌平】

 ◇評価に公的基準なし カラット以外は人が判別

 鑑定書はダイヤだけに存在し、重さやカットなどの品質が記されている。いわゆる保証書のような印象を与えるが、発行するのはあくまで民間企業で、評価基準などに公的な裏付けはない。国際基準も、宝飾先進国である欧米の大手民間機関が独自に定めたものに過ぎず、日本では主に米国の手法が導入されている。

 代表的な評価項目は「4C」だ。色の濃淡を示す「カラー」▽重さの「カラット」▽研磨の出来を評価する「カット」▽不純物の有無を示す「クラリティー」の四つ。いずれも頭文字が「C」のため、こう呼ばれている。4Cの組み合わせでダイヤの品質はほぼ決まるが、機械で完全に計測できるのはカラット(1カラットは0.2グラム)のみ。他の項目は専門機器で判断することがあっても、最終的には鑑定する人間の感覚で決まる。中でも肉眼で判別するカラーは感覚に左右され、評価がばらつきやすいとされる。

 鑑定書の信頼性、公正さは消費者だけでなく、売り手にとっても重要だ。全宝協が加盟する「宝石鑑別団体協議会」などは、90年代に米国の大手鑑定機関の協力を得て、ダイヤの評価項目「4C」のうち、「カラー」について基準石セットを作り、加盟者に保管を義務づけた。等級ごとの色見本を同じにすることで評価のずれを防ぐ仕組みだ。ただ、消費者は細かな品質を見抜けないため、業者側の「基準石通りに評価した」との言葉を信じるしかない。鑑定会社には基準の運用について高いモラルと慎重な対応が求められる。

偽装結婚関与の疑いで県職員逮捕=比人ホステスの長期滞在図る―山梨(時事通信)
ペコちゃん連続窃盗犯に懲役5年…和歌山地裁(読売新聞)
ゆったり 平安絵巻 都大路で葵祭(産経新聞)
村井・長野県知事、8月の知事選不出馬を表明(読売新聞)
南海高野線 快速急行にはねられ高1女生徒が死亡…大阪(毎日新聞)
posted by ヒメノ タダハル at 12:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

クイズで学ぶ男女共同参画 松戸で検定問題集を無料配布(産経新聞)

 クイズに答えて男女共同参画を学ぶ「子育てパートナーシップ検定問題集」が、千葉県松戸市女性センターから発行された。

 「共働き世帯の男性の家事時間」(答え1日30分間)「毎日おむつ替えをするパパの割合」(同84・8%)などパートナーシップと子育てに関する問題と、「市の人口」(同約48万人)など地域の基礎知識を問う4択問題計100問で、70点以上なら「合格」という。

 無料配布中で、市民以外も入手可能。11月には「検定大会」を予定している。問い合わせは(電)047・364・8778。

【関連記事】
「男女平等度」1位鳥取、最下位は埼玉!? 東北大教授が算出
男女共同参画案 家族の絆を壊すつもりか
過激な性教育への歯止め削除 男女共同参画中間案、福島氏の意向色濃く
私生活も“カツマー” 努力主義…幸せ?
三井マリ子さん逆転勝訴 館長職の雇い止め訴訟

【日本の城景】「岡崎城」 神君出生、今は憩いの場(産経新聞)
死亡女性、DV被害を相談=元夫から聴取−静岡県警(時事通信)
どんたく見物の女児盗撮狙う、34歳男を逮捕(読売新聞)
<ニュース1週間>普天間移設、首相「県外」断念表明/石川遼、ツアー新の58で逆転V(毎日新聞)
<フジ>降り注ぐ紫 栃木・足利(毎日新聞)
posted by ヒメノ タダハル at 12:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。