2010年03月28日

国際ジャーナリストの大森実氏が死去(時事通信)

 ベトナム戦争報道で知られる元毎日新聞記者で国際ジャーナリストの大森実氏が25日午後(日本時間26日午前)、米カリフォルニア州ラグナビーチの病院で死去した。88歳だった。神戸市出身。親しい知人らが明らかにした。 

【第48期囲碁十段戦】第2局 棋風通りの序盤(産経新聞)
名神高速道路で追突事故、出火して2台全焼(読売新聞)
パ・リーグ 開幕 西武ドームに4000人が行列(毎日新聞)
【Web】18歳未満にみえるキャラ=「非実在青少年」?(産経新聞)
<紛失>退職予定4人分の警察手帳 兵庫県警(毎日新聞)
posted by ヒメノ タダハル at 01:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

無償化除外を批判した兵庫知事などに脅迫状(産経新聞)

 兵庫県庁と神戸朝鮮高級学校(神戸市垂水区)に薬莢(やっきょう)やカッターナイフの刃を同封した脅迫状が送付されていたことが26日、兵庫県警への取材でわかった。朝鮮学校を高校無償化の対象とするかの問題をめぐる対応への抗議とみられ、県警は脅迫容疑などで捜査している。

 県庁では23日に職員が封書を開封したところ、薬莢1個と井戸知事にあてた脅迫状が同封されていた。朝鮮学校を無償化から除外するとした政府方針を批判した同県の井戸敏三知事に対する抗議などが書かれていたという。

 また、垂水署によると、神戸朝鮮高級学校にも同日封書が届き、中に脅迫状と約10センチのカッターナイフの刃が同封されていたという。

【関連記事】
「外国人学校と差設ける必要ない」 朝鮮学校無償化で兵庫知事が見解
橋下知事「北朝鮮から批判されて光栄だ」 授業料無償化めぐり
高校無償化 外国人学校の支援金はさかのぼって支給
橋下大阪知事を厳しく非難 朝鮮学校の無償化問題で北朝鮮通信社
大阪府教委が府立高授業料滞納者への対応を強化へ
あれから、15年 地下鉄サリン事件

淡路「花みどりフェア」開幕 環境立島アピール(産経新聞)
大学生の生活費、2000年度より3割減(読売新聞)
NEWS手越さんが追突事故=タクシーと、けがなし−東京(時事通信)
朝鮮学校、結論は夏以降に=高校無償化で−文科相(時事通信)
東富士演習場で野焼き中に3人が焼死(産経新聞)
posted by ヒメノ タダハル at 12:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

<B型肝炎訴訟>36人が追加提訴、原告419人に(毎日新聞)

 集団予防接種で注射器が使い回されたことが原因でB型肝炎ウイルスに感染したとして、全国10地裁で患者らが国に損害賠償を求めた訴訟は24日、新たに36人が追加提訴し、原告は計419人になった。12日には札幌地裁が初の和解勧告を出したが、原告弁護団によると、26日に福岡地裁も和解の意向を示す可能性があるという。06年の最高裁判決で国の敗訴が確定しながら、勝訴した原告5人以外の救済を国側が怠ったことで再び始まったB型肝炎訴訟。400人を超えた原告たちは、早期解決を改めて訴えた。【清水健二、佐々木洋、岸達也、水戸健一】

 「僕の血をきれいにしてほしい。他の感染者の血もきれいにしてほしい」。この日、福岡地裁に提訴した福岡市の冨田圭一さん(36)は、会見で実名を公表して訴えた。札幌地裁の和解勧告後も政府の取り組みが見えてこないことに「和解勧告だけでは安心できない」と焦りを募らせる。

 集団予防接種によるB型肝炎感染に国の賠償責任があることは、北海道在住の5人が起こした訴訟の最高裁判決(06年6月)で既に確定している。にもかかわらず、08年3月から新たに起こされた裁判で国が争い続ける大きな理由が、被害規模の大きさだ。

■被害規模

 B型肝炎の国内推計感染者は110万〜140万人。集団予防接種が原因とされる割合は、医学生が使う内科の教科書で「約2割」と記載されており、20万人を超える可能性がある。その場合、最高裁判決と同水準(1人550万円)の賠償をすれば、補償総額は1兆円超。08年に和解した薬害C型肝炎訴訟では、国内推計感染者190万〜230万人に対し、薬害(ウイルスに汚染された血液製剤の投与)の推計被害者は1万人以上、被害を証明でき給付金を受け取ったのは約1400人にとどまり、今回とは規模が違う。

 政府は16日、関係閣僚会合を開き、鳩山由紀夫首相が仙谷由人国家戦略担当相に総合調整を指示するなど対応を始めた。だが、野党時代の歯切れの良さはなく、24日の衆院厚生労働委員会では「鋭意協議している」と繰り返す山井和則厚労政務官に、自民党の大村秀章・前副厚労相が「なぜ『和解』の言葉が出てこないのか」と迫った。

■救済範囲

 これまでの裁判で国は救済範囲を絞ろうと(1)母子手帳などに集団予防接種の記録が残る(2)母親が存命で血液検査で母子感染を否定できる−−ケース以外は因果関係の証明が不十分と主張。弁護団によると(1)を満たすのは原告の約4割、(2)は約7割にとどまるという。

 だが、原告側から見れば、因果関係の証明を難しくしたのは、国が長年対策を放置し時間の経過を招いたことが原因。「集団予防接種は誰もが受けており記録は不必要。母親が死亡していても兄弟姉妹の血液検査で母子感染は否定できる」と反論する。

 和解の諾否を回答する札幌地裁の次回期日は5月14日。福岡地裁などで和解の動きが広まれば、早期解決への圧力はいっそう強まる。最高裁判決がある以上、和解を拒否して判決に至れば国側敗訴は免れず、政府・与党は被害者救済と財源確保の間で厳しい選択を迫られている。

【関連ニュース】
B型肝炎訴訟:原告団が和解勧告受け入れ確認
B型肝炎訴訟:札幌地裁が国・患者側に和解勧告 全国で初
鳩山首相:B型肝炎訴訟で政府一体対応を指示
B型肝炎訴訟:原告、和解勧告応諾 「早く救済を」
B型肝炎訴訟:政府一体対応を首相が指示

東京でサクラ開花宣言、平年より6日早く(読売新聞)
江戸川で瞬間風速35メートル…東京で暴風(読売新聞)
【関西あれこれアニバーサリー】龍安寺 建立560年 石庭の解けない謎が魅力(産経新聞)
北教組事件 党内外から「小林氏辞職を」 本人は否定(毎日新聞)
元Jリーガー、強制わいせつ容疑など不起訴(読売新聞)
posted by ヒメノ タダハル at 00:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。